普段を粗食にすればこそ

食べることが大好きなんですよー。趣味が少ないからかな。

料理本を見ることも大好き。スーパーに行けばレシピカードたくさんもらってくる。
でも料理そのものはそれほど好きじゃなくて。
作り方が凝った料理は、本を眺めて楽しむだけね。

健康食にも興味があるから、ローフード(生食)に凝ったこともあった。豆をほんの少し発芽させて、生のままご飯代わりに食べたり。
これを弁当に入れていったら、たまたま一緒に食べた若い女性たちにローフードをよく知ってる帰国子女がいて、盛り上がったな。
当時(10年以上前でした)ローフードはやったんだよね。
もう流行はすたれたけど。

いや、ローフードって料理に火を使わないでしょ。作るのラクですよ。刻めば完成。煮崩れとかコゲとかの失敗ぜったいないし。

一人暮らしになってからは、食べ物の好き嫌いに拍車がかかって。
イタリア料理が好き、和食は嫌い。
でも体にいいのは和食。
なんのかんの言って、味噌汁なら作り慣れてるから頭使わなくてもほとんど自動的に作れるし。納豆も嫌いだったけどなんとか克服したら、体にいいわ作るの簡単だわ。

平日は納豆と味噌汁、野菜の常備菜に、材料と時間とやる気があれば肉や魚介。
イタリアンは週末だけ楽しんでます。これが、もう、楽しみで楽しみで。平日仕事中ずっと「週末に何食べよう」こればっかり考えてる。

ずっと、ねえ。妄想的に願っていたことは。
老後、もう長生きする必要もなくなったら、体と健康の優先をやめて。
毎日、好きなものだけ食べて生きようかなあって。

しかし。そうすると毎日三度三度、イタリアンこしらえる?
好きなはずのイタリアンが苦痛になったりして?

外食も、大いにしようと楽しみにしてるんだけど。
外食が命に関わるほど危険な行為になるなんて、想定外だったよねえ。
ワクチン接種が普及しても効果は一生続くわけじゃなし、ウイルスは変異するものだし。

あとはね、今、週末のイタリアンが楽しみなのは平日我慢している
反動効果もあるよね。
もし毎日三食食べられたら、ありがたみも減るかなあ。

あ。思いついた。イタリアンの中でも、時々「ちょっといいもの」を混ぜよう。
普段はニンニクと唐辛子だけぐらいにしておいて、たまにパ
ンチェッタ入れたり。・・・ぐらいしか思いつかないな。

くう。普段、いいもの食べてなーい。
芸能人格付け番組を思い出しちゃったよ。
「いいもの」たくさん知っているほうが、大きな喜びを得られるね。

そうだ。今まで永年粗食に耐えてきたからこそ、定年後は「ちょっといいもの」が大きな喜びになるんだよ。
よかったじゃん。耐えてきて。(ちょっと元貧乏人の負け惜しみ入ってます)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました