2年ぶりに後輩から連絡もらった

20代でオーケストラに入って、友人の年齢幅がぐーんと広がったの。
20歳上、30歳上の人まで仲良くなって、おうちにも招待してもらったな。
7歳上の人ともおしゃべりを楽しんだけど、彼女もあたしと同じように思ったこと口に出ちゃうほうで
「やっぱりここ、世代が違うわ」ってバッサリ手振りを入れられたなんてこともあった。

ただ、年下の団員はあんまり長続きしないで辞める人が多いんだ。
やっと続けてくれてる、10歳下(ぐらい)と練習時に話し込むのがせいぜい。

会社では40代のころ中途採用された20代男子が大勢いて、逆ハーレム状態だったことがある。
みんな、そこまで年が離れると恋愛対象じゃないから全然身構えず接してくれて、会社人生で一番あの時代が楽しかった。

ちょうどその時、うちの部署に派遣社員をひとり置いててね。
みんな一長一短と言うか上司のお気に召さず、すぐ契約終了しちゃうんだけど。
いわゆる「派遣切り」が社会問題になるまで長続きした人が一人いたの。

気難しい上司の覚えもめでたいほど仕事もできるし性格は明るいし。
イタリアルネサンスとビールとワインが大好き、っていうんで話も合うので、時々一緒にお酒を飲みに行ったよ。

派遣切りで転職しちゃって(させられて、か)からも、年に2度ぐらい会ってくれた。
あ、トシ言うの忘れてたね。たぶん15歳ぐらい下。

飲み代は割り勘だけど、ニ人の立場と収入が違うから、あたしが2/3彼女が1/3ぐらいにしてた。
彼女が時折「いいんですか?」とまじめに聞くので「収入割りよ。将来あたしが無職になったら出してよ」と、思ってもいないのに口走ってしまったんだ。
彼女、眉を寄せて「ええ~」ってしかめ面してた。

飲み会が自粛の年が続いて、飲みの誘いはしないけど誕生祝のLINEは続けてたの。
でも、去年はそれも送らなかった。
自分の失言を思い出すと、無職になった自分から誘われたら気分悪いだろうと。

そしたらね、きのう彼女から2年ぶりにLINEが来たんだ。
近況報告と、彼女の地元にいい店を見つけたので、ってお誘い。

うれしかったー。いっしょに働いてた時のきゃぴきゃぴがよみがえってきた。
やっぱり、若い友人も欲しいよ。すごく元気になるし。

でも、「元気をもらおう」って魂胆を匂わせると、若い人の重荷になるんだよ。
こっちの老いを感じさせず、元気なままのあたしで会いに行かなきゃ。

オケや会社の先輩も、ゆっくりとしか歩けない人といっしょに歩くのはけっこう大変。
何を手伝うわけでもないのに、まるで介護してる気分になる。
そして、元気だったころの先輩の姿を思い出してたそがれちゃう。

「ぜひぜひ行きましょう、またご連絡させていただきます」のあと、既読だけ付けて終わらせちゃった。
もうすぐ彼女の誕生日だから、そのときに久しぶりにお祝いLINEでも送ろう。

もしまた会えたら、割り勘発言のこと忘れててくれてるといいなあ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. にゃんた より:

    良いお友達を持ってるね。
    当時彼女がまゆをしかめたのは、将来奢らせられるからじゃなくて、その時点での申し訳なさと感謝の気持ちの照れ隠しだよ。
    今回のお支払いは、支払う時に「じゃあ割り勘で」
    英語でいうとLet’s go Dutch.
    オランダに行こう、じゃなくてこれで,割り勘にしよう(^^)

    • よはねす より:

      ええー、そうでしょうか。そう思えなくてあたしが今眉をしかめてます”(-“”-)”
      でも、ほんとにそうならいいなあ。ありがとうございます。
      うん、割り勘を「オランダ式」というと聞いたことがあります。レッツゴー!って楽しそうでいいですね。ぜひ使ってみて、先輩風を吹かせてきます(≧▽≦)

タイトルとURLをコピーしました