無職なのに忙しいのは意外な理由だった

先日、雨の中、眼科に行ったのだけど、目薬は処方箋を持って薬局で買わなきゃならない。

行きつけのドラッグストアと病院が反対方向だから、目薬はきのう、雨がやむのを待って買いに行った。

買い物のついでに行こうと思ってたのに、処方箋を持って出るのを忘れた。
買い物だけ済ませて、処方箋を持って出直して、ドラッグストア受付に提出した。
薬を出してくれるのに、1時間かかるんだって。

あ。久しぶりで忘れてたけど、保険証見せろって言われるんだったな。
おくすり手帳も持ってきてない。
1時間あれば十分来られるから、と処方箋は預かってもらい、出直し。

そうだ、待ち時間に読む本も持っていこう。

で、ドラッグストアに戻ってきて入る際にバッグを探ったら、保険証が入ってない・・・
あちゃー。家で財布から出したのに、バッグに入れ忘れた。
本に気を取られた。

もう一度、出直し。また3往復もしちゃった。なにやってんだろうねこの脳足りんは。
(また、というのは、眼科に行くときも忘れもので玄関とマンション出口を3往復したことを言っております)

まあ、これでちょうど10000歩達成したから、いい運動になった。(完全に負け惜しみだね・・)

その3往復の途中で一度、白杖を持ったおじさんに頼まれ、ちょこっと案内したよ。
急いでるわけじゃないので、対応できてよかった。

つい先日、偶然に、目の不自由な人の案内のしかたをインスタだかネットだかの漫画で見たばかりたっだ。
いきなり手や体を引っ張ってはだめ。
その漫画では、どうやって手伝えるか聞いたら「肩に手を置かせて」と頼まれてた。

あたしも「どうしましょうかあ」と聞いたら、「腕につかまらせてください」と言われたよ。
そこがね、また、ちょうどたんこぶを作った左ひじをつかまれちゃって。
一瞬「ひっ」と思ったけど、大丈夫。
たとえ怪我してても痛くないくらい、そっと触れるぐらいのつかまり方だったよ。

午前中に買ったもやしとブロッコリーを茹でたら、もう疲れ果てた。
夕飯は納豆と味噌汁の貧乏コースだ。
と思ったが、白髪染めしたら味噌汁さえ作る体力も残らず。ビールで代用。

できたら、出かけるときの持ち物一覧表でも作ろうかと思ったけど。
翌日と翌々日の音楽練習も、白髪染めもあるし、やーめた。

日曜の音楽練習は、夜にも延長練習しませんかと聞かれてた。
こんなに疲れてるし、医者からも体を休めるように言われた免罪符を盾に断っちゃった。

働いてたときも、どうしてこんなに忙しいのかと思ってたけどさ。
スケジュールの入れすぎというより、単に要領が悪すぎるだけかもね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. にゃんた より:

    それはね、よはねすさんの要領が悪いんじゃないの。
    神様がね、あ、今日ちょっと目の不自由な人がその辺通るんで、誰か優しい人手伝ってくれるかな、って調整したの。
    で、そのご褒美に1万歩超えるようにしてくれたの。

    神様、自分が疲れないもんだから、人に疲れにはあまり関心がないみたいね。
    困ったもんだけど、ここはひとつ許しておいてあげて。
    きっとさらに大きなご褒美を用意してくれてると思うよ。

    因果応報。親の因果が子に報い…ちょっと違うかな(^^;

    • よはねす より:

      すごい。小説読んでるみたいで、ちょっとジワりました。ありがとうございます。因果応報、それをいうなら「情けは人のためならず」だぴょーん。

タイトルとURLをコピーしました