ねんきん定期便が来た

そういえばねんきん定期便が今年来てないなー。
それとも、小さいから間違って変なところに入れちゃったかな。

と心配していたら、届きました。
間違いない。こーんなに大きい、って比較物が一緒に写ってなきゃわかんないか。
A4の封書です。

 


へへ。いよいよ来年は60歳だよ!
希望すれば、減額されるけど来年から受給可能。
すごいよ、最初に納めた時から毎月の金額がぎっしり。
おかしいなあ。あたしの初任給、記憶だと12万だったのにここでは15万になってる。
そんなことって記憶違いがあるのかね。少なくともお金に卑しいあたしが。
ま、少なく記録されるより、いいか。

給与明細、ずっと取っといて輪ゴムでくくっておいたんだけどさ。
紙で配られなくなってからも、何年間もわざわざプリントアウトして保管してたんだけど。
何回か引っ越したりして、面倒であるとき会社のシュレッダーに掛けちゃったんだ。

そうそう、途中から、賞与からも納めなきゃいけなくなったんだよね。
平成15年かあ。年金が不足する、って大騒ぎしたころかな。

で、なぜかこの定期便、毎年少しずつ受取見込み額が少なくなってません?
役職が付いたことは一度もないけど、役職定年あたりからそういうものらしいね。
こないだのブログで196万って書いたけど、これこそ記憶違いで、197万だった。


あたしの生活費とトントンで、ここから諸々の税金や保険料引かれたらヤバいんだけどさ、
それとは違う意味でギリギリなの。

2022年度後半から、単身なら年収200万円以上が(75歳以上になっても、1割に下がらず)医療費2割負担となる。
って、大江加代著「サラリーマン女子、定年後に備える。」に書いてあったのよー。



ヘタに繰り下げ受給なんかして年金が上がらないようにしなきゃ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. にゃんた より:

    さっきメールボックス見たら、あ、ぼくにも届いてる、と思ったら違った。
    1年間にいくら払いましたの証明書だった。
    200万以上なら、医療費負担増…
    ネットで確認、年金試算額見たら206万。あ、微妙に超えてるみたいね。病気ならない様にしなきゃ。
    6万1,000円返します、って言ってもダメなんだよね

    • よはねす より:

      ああ、早期退職の先輩。あたしは未経験なんですが、国民年金を払うと年間支払い額の証明が来るんですか?
      65歳から満額受け取る予定の人が繰り下げて早く受け取ると、受給額が減るそうですが。
      いやいや、病気にならないのが一番でしたね(;^_^A

タイトルとURLをコピーしました