死ななきゃ治らないやつ

元々は、人とおしゃべりするのは苦手だったはずなんだけど。

どうあがいても若者ではなくなったころから、それほど苦手でもなくなってきた。

どこから見てもオバサンという頃には、仕事中にさえギャハハと笑いひんしゅくを買うことも増えた。

定年になったら、人と話す時間が減って退屈するかなと思ってたけど。

音楽活動に行けば休み時間や帰りの電車で仲間と話すし。
チェンバロの先生とも世間話できるし。
きのうは美容院で美容師さんとたっぷりおしゃべりできた。

若者だったころは、美容師さんとおしゃべりするのも苦手だったはずなのにね。

もし骨折でもして、一歩も外に出られなくなったら退屈するのかもしれない。

東京に引っ越してきて丸四年経ったけど、ここでの知り合いは今のところこの美容師さん一人しかできない。
美容師さんはお酒は飲まないけど、お酒の話も付き合ってくれる。

ビールが来月から値上げするんですよねー。
「ビール、毎日飲むの?」
夏は毎日飲んじゃいますねえ。冬はこのごろ日本酒をお燗することを覚えました。
でも、お湯を沸かすのがちょっと面倒。
「うちのダンナは電子レンジよ」
あー。うち、レンジもないんです。
「えーっ。テレビもレンジもないのお?買ってきたものちょっと温めたりできるのに」
あー。温めるもの、買わないですねえ。レンジないから(笑)

エリザベス女王の葬儀がとてもきれいだった、と話を振ってもらったのにテレビ見てないので返事ができない。
ラジオでコーラスが聞こえて美しいと思いました。消えないうちにネットで見てみますね。

デヴィ夫人とかオリンピック醜聞とか地元スーパーの情報とか、まあありとあらゆる話をたっぷり楽しませてもらった。
雑誌を読みふけっていても「そういえば」って話しかけてくれるから、美容師さんも話は得意な方なんだろう。
雑誌を中断してでも絶対ナマの話を聞くほうが面白いし!

美容院のあと、チェンバロのレンタルルーム予約してたんだけど、まだけっこう時間がある。
百円均一に行って、ついでに思い出して無印良品でも買って、時計を見たら2時50分。

わっ。チェンバロ3時から4時まで予約してるのに!
急いで帰って、楽譜をかばんに突っ込んで出た時点でもう3時。
いつもは15分歩いて行くけど、ひと駅だけ電車に乗ったら3時10分に着いた。

東京って、こういう時ホント便利。電車が次から次に来てくれるんだもん。
田舎じゃ、電車を待ってる間に歩いて着いちゃうよ。

この日、チェンバロはレッスンじゃなくて自主トレだったから、まだよかった。
4時までぎっちり練習したけど、次に使う人の気配がしないので、5分以上勝手にオーバーさせてもらった。

ふう。もう、こんなあたふた嫌だー。
と、このところ毎日思ってるなあ。

妹の助言で、荷物の用意だけは早くしておくようになったけど、それでも忘れ物するとか、早めに家を出ようと思ってるのになんやかや事故が起きる。

スケジュール詰め込むのは嫌いなのに。
音楽活動だけは増やしたけど、リタイアしたのにまだ余裕が足りない。
予定では太極拳もやるはずだったけど、これ以上活動を増やすどころじゃない。

ま、ある意味ありがたいことなのかもしれない。
しかし、この活動している限り、どたばた癖は治らないんだろうな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 クラシックブログへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました