服の管理

いつも、セーターはね。
ひと冬、1枚を親のカタキのように毎日毎日着て、春が来たら捨てちゃうの。

自分が昔買い集めたもの、母親が遺したもの、タンスにぐっちゃり詰めてた。
田舎に住んでると、買い物が不自由でね。
会社のそばに洋服屋さんが無くなってから10年以上、服はまずほとんど買えなくなった。

傷みが早い夏服だけは頑張って夏休みを使って遠くまで買いに行ったけど、冬までそんな苦行はしてられない。
そもそも大昔から、服のことは考えるだけで苦行だった。
どんな服なら、みんなからイジられないで済むか。変人に見えないか。それしか考えてなかったなあ。

暑がりだから、セーターは職場では着ないんだ。
昔、2月に半袖ワイシャツで仕事してたら変人扱いされて「常夏の女」と言われたよ。
ただし、自宅が田舎だから、通勤はコートだけでは無理。
コートの下にセーターやカーディガンを着てたのが溜まったのね。

若い頃はクリーニングも使ってたけど、「おしゃれ着用洗剤」が出て来たころから自分でセーターも洗うようになった。
しかし、もうセーターは余ってる。洗わないで、どんどん着て捨てればいいや。

ところが、珍しくきのうは「おしゃれ着用洗剤」を使って、セーターを洗った。
味噌を仕込んでるときにエプロンも腕まくりもしてなかったら、けっこう飛び散ってた。
捨てようか少し迷った。
で、思い出した。というか忘れたふりをしてたんだけど、夏物の絹のスカートがまだ洗濯しないまま吊るしてあったの。

と、手袋を洗いたい。
手袋をしだしてから手が荒れるようになった。
寒くて汗が出ないからじゃなくて、もしかして手袋に刺激性物質でも付いてるのかもしてない。

あたしの洗濯用洗剤は、香料や増白剤などの刺激物がないものをネットで買って使ってる。
せっかく、このシリーズのおしゃれ着用もあるのに、面倒でなかなか手が出なかった。

いい天気も幸いして、気持ちよく全部洗濯できた。
ま、洗濯してくれたのは真新しい洗濯機だけどね。

まだ、セーターは3枚ぐらい残ってるんだ。
新しいセーターを買うのは3年後ぐらいかなあ。

リタイアしたら、着るものにあまり人目を気にしないでよくなったでしょ。
逆に、急に服に興味が出て来たんだ。
金持ちっぽいファッションがしてみたい。
最近、インスタで友達ばかりじゃなく「おすすめ」が流れてくるのが大量になってきて。
特に、朝寝坊できるようになってから、寝床の中でそれを見てたら、どんどんファッションの投稿が押し寄せてくるんだ。

本当のお金持ちのハイブランドは買いたくなくて、アラサーちゃんの可愛いワンピースなんかが欲しくなる。
今までなら、同僚から後ろ指さされたかもしれないけど、もうどうでもいいもん。
タンスが、インスタに出てくるみたいにガラガラになったら気持ちいいだろうなあ。

そうだ、数年前に、定年後継続雇用になったおじさまが「ネクタイもスーツもぜーんぶ捨てた」と言って、それから毎日カジュアルファッションで通勤してくるようになったんだ。
すごくびっくりした。町内会の会長もやってるし、継続雇用最終日もネクタイしないの!?
・・・本当に、カジュアルファッションのまま社長に挨拶に行ってた。
最終日にみんなの前で挨拶して、スニーカー履いて、晴れ晴れと退職して行ったよ。

あたしは、ケチだからまだ1枚ずつしか捨てられない。こんなに幸せそうな見本が身近にいたのに。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. にゃんた より:

    そういえばぼくもスーツやネクタイ、クリーニングから返ってきてそのまま使ってない洋服棚に入れたまんまだなー。
    体型変わってないからまーいいかと思ってたんだけど、ほんと使わないもんなー。
    燃えるゴミでいいのかな

    • よはねす より:

      捨てるのってなかなか勇気が要りますよね。
      要らなくなった服はどのメーカーのものでも回収する、っていう量販店がどこかあったと思うけど、そんなに捨てないから調べてないです。
      うちのマンションのごみ置き場には、明らかに衣類ばかりという袋が時々どっさり置いてあります。あー、スッキリしたろうな、とちょっとだけうらやましく感じました。

タイトルとURLをコピーしました