投信解約と、退職金運用不要のいいわけ

あたしは今、5社の投信を持ってるんだけどね。

そのうち1社の成績が芳しくないので、先週、解約を申し込んだんだよ。

電話でしか申し込みができないから、どう引き留められるか戦々恐々としてた。
あたし、電話が苦手でね。
電話じゃなくて対話でもそうなんだけど、その場になると意見も思いつかない、言葉も出てこない。

でも、言いわけどうしようと逡巡してるうちにみるみる評価基準額が落っこちていくので、
考えつかないまんま、ままよ!と電話したの。

幸い、オペレータさんなんにも聞かずに対応してくれて、ホッとした。

さっき郵便受けに、その投信会社からの封筒が入ってた。
解約届と、アンケートのお願いだったよ。

そのアンケートに、口座解約(封鎖って書いてあるけど)の理由を書く欄があるのよ。
文書でなら、ゆっくり落ち着いて、自分の速さで書けばいいもんね。

それは項目があって、選べばいいだけなの。
・運用目的を達成した
・余裕資金がない
・終活(資産の整理)
・市場環境・展望に不安がある
・リスク選考の変化(ライフステージの変化、家族の反対など)
・非居住者になる
・運用成果が期待と異なる
・サービスに不満がある
・他商品の購入を検討している
・その他

「実は違う投信に鞍替えしたい」ってとき、電話じゃなかなかほんとのこと言いにくいもんね。
これは、賢いわ。

あたしは「終活」と「運用成果が期待と異なる」の2つに印を付けた。

よーし。
これで、退職金が振り込まれたとき銀行から電話が掛かってきて、うっかり出ちゃって
「外貨預金と円定期と投信とセットはいかが」なんてセールスがあっても
「家族の反対があるから普通預金に置いておきます」とか言える。

投信会社に電話するときにね。
「生活費が足りないから」って心細そうに言おうかなと少し思ってたの。
それを金融的にうまく言うと「余裕資金がない」「終活」になるのかな。

実際、退職金を入れてもらうのは生活費丸見えの銀行だから。
残高がどんどん減り続けてるの、一目瞭然!あ、威張れませんが。

ま、実はよーく見れば他の証券会社からの引き落とし(SP500定額積立)ってことはわかっちゃうけど。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. にゃんた より:

    投資信託、直接買付しちゃうと結構めんどくさいね。
    利益乗ってたら特定口座じゃないと、お勤め中でも確定申告しなきゃならないでしょ。
    ぼくはもう初めからネット証券だったので、それは楽だったな。
    サワカミや鎌倉はなかったと思うけど、ヒフミはあったな。

    面倒だったのは自社株の売却。
    あれはネットでは売ってはいけないルールになっているようで(内部情報の絡みで)、売買は全て電話。取引量がすくない株だったので、売りたいのに買い手がいないときもあってもう大変

    • よはねす より:

      あー、確定申告が面倒でできる気がしないから全部特定口座にしてるんですよ。
      めんどくさいとか、頭悪いとか、こういうところで儲けそこなってるかもだけど、気にしない(笑)。
      自社株、退職後は自由ですよね?退職前だったら持株会事務局を通さないと売れないけど。
      マンション買うときに売ったら初めて時価がわかって、そりゃあもう増えててびっくらこきました。
      退職して持株会から自分の口座に移ったら、いくらになってるか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました