年末のリモート飲み会

きのうはね、高校同級生と三人でリモート飲み会だったんだよ。
コロナをきっかけに、年に2回か3回ぐらいやり始めた。

初回は、あたしには苦痛だったんだ。
しばらく会ってないし互いに環境が違うから共通の話題がなくて。
二人はテレビドラマや映画の話で場を繋いだけど、あたしはどっちも観ないから全く口もはさめず。

でも、ふたりとも頭のいい人。
2回めからは気を遣ってくれて、時事ニュースや自分たちの体の老化なんかの話でなごやかに済んだ。

とはいっても元々、リアルの場でもおしゃべりって苦手なほう。
今回も、お誘いがあった時から少しゆううつだった。

毎回「そろそろやりませんか」と声掛けをしてくれる友人に乾杯の発声をしてもらった。
なんと、そのあと口火を切ったのはあたしだった。
「こないだ電車で席を譲られちゃってさー」

そこからどんどんスムーズに話が広がって。
ブログを始めたことは内緒だけど、過去に書いたエピソードを思い出すとすぐ次の話題が出てくる。
電動自転車の話とか、サイクリング中に国葬警備にぶち当たったとかね。

まあ、ブログじゃなくて紙の日記でも同じ効果はあったかもしれないけど。
それでも、ブログって役立つんだなーと思った次第であった。

そうそう、妹と六本木ヒルズに行った話をしたら、妹のことよく覚えててくれてさ。
妹の勤めていた会社や、開発した商品、学校は○○科なのにそんな仕事もできるのかと思った、とか。
「可愛かった」って言ってくれたぜ、妹よ。

飲み会だから、もちろん夜から始まったんだけど。
それまでに、年末の買い物もしたかったんだよね。
いわゆる「おせち」は好きじゃなくて、イタリアで年末年始にかけて食べるというレンズ豆が買いたかった。
あとは、お花。花も、菊や松や千両の和風のは好きじゃないけど、正月ぐらいはこういうのにしてもいいか。

ところが、美容院もきのうしか予約が取れなくてね。
買い物を先にしたら、あたしのことだから予約時間をうっかり過ぎてしまいそう。
美容院の後に買い物、と計画したらやっぱり無理だった。
いつもより時間がかかって、買い物どころか飲み会のためのつまみ準備もできなくて。

納豆まぜて、ベビーチーズと茹でてあっただけの大根でかなりお地味なことになってしまった。
別に、リモートだからっておつまみの見せ合いはしないんだけどね。

でも、きのうのうちにお花は買いたかったなあ。
大晦日に飾るのは「一夜飾り」とかいって、いけないんだってね。
それでも、2週間前に買った小さなブーケの残りだけじゃ寂しい。
無駄遣いかなあ。
今年も最後まで小さなことでうだうだと悩み続けて、終わらせる。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

  1. にゃんた より:

    昔の友達とまだ付き合えるのっていいよね。
    いろいろ説明しなくても前提事項みんな知っててくれるし、甘やかしてくれるし
    ぼくの場合はSNSで友達が見つけてくれたのがきっかけだけど、まぁそういうこともあるんだなぁと。
    日記…今日の経験を言葉にしておくのは、きっとボケ防止に良いと思う。
    もうそういうことも考えるようになったな

    • よはねす より:

      確かに、昔の友達の良さって前提事項が通じることかもしれませんね。
      しかし問題は飲みながらだったんで、最後に席を譲られた話をもう一度しそうになったのは不覚でした。ボケ防止どころか、ボケまっしぐらじゃん”(-“”-)”

タイトルとURLをコピーしました