右肩が上がらない

あれは確か29歳ぐらいの時。
肩が突然痛くなり、しばらくボールペンを持つのも辛くなった。

医者嫌いなので診察は受けてない。
我慢できる程度だったんだろう。
「三十肩だー三十肩だー」とふざけているうち、2週間ほどで自然に治った。

2年前。また、腕が上がらなくなった。
左は大丈夫なんだが右手で電車のつり革がつかめない。

まだコロナ禍前だったから、つり革に頼らなければ周りの人の足を踏んでしまう。
混んでいると左手でつかむ体勢を取れず、困った。

その他の症状も出てきたので、今度は病院に行った。
「○十肩」を期待した皆さん、残念でした。
違う病気、どうも軽い膠原病らしい。

さっそく、会社の、仲良しの先輩に報告。
先輩(昨年還暦超え)も、何年か前に腕が上がりづらくなったそうで。
「やあねー四十肩って」
「あらあら△さん、三十肩の間違いでしょ!」
と、わたしら定番のおふざけ。

先輩がそのお友達から聞いたところによると、あともう一回、60歳を過ぎてから発症するものみたい。

いえ、先日、どなたかのブログで
「私の給料が右肩上がりでなくなったころ、私の右肩も上がらなくなり」
という文章を見つけましてね。
大いに同感、同時に大笑いさせていただき。
アタシの数少ない友人それぞれに披露し、そのたびウケました。

どなたか忘れてしまったので申し訳ございません。
こんなところで、お礼申し上げます。
おかでさまで、治療の甲斐あり肩の痛みも軽くなり、つり革まで届くようになりました。

これで、給料も回復したら。もっと真剣に探し、お礼します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました