生活費が把握できない

これだけ長く生きてますと。お金大好きなアタシですので、家計簿もいろいろなタイプを試しました。

小遣い帳「収入・支出・残高」から始まり、費目を細かく分けたり、横山光昭さんから教わった「消費・浪費・投資」とか。

現在は「食費・交際教養娯楽費・その他」の3つだけに分けて集計してます。
亡き母の家計簿を見たらこういう区分けで、母がどういう生活をしていたかすごくよくわかったんですよ。

母もアタシも、記録や集計は好きだけど、予算は決めません。
決めたって、要るものは要るんだし、要らないものは買わない。

コストコに通っていた頃は、ひどかったー。
一人暮らしなのに食品だけで1回6万円超えが最高かな。
誰ともシェアしない、おすそ分けもしない、もちろん傷ませたりせず全部食べたよ。

ま、コストコはあたしにとってネズミーランド並みの大型遊興施設だからね。レジャー費よ。
ネズミーランドって、あれよ、千葉にあるのに東京って名前で、ネズミが主役の遊園地ね。あたしネズミが嫌いでさ。あの遊園地も苦手。


話が逸れました。
リタイアするなら、生活費が変化するからしっかり把握しておかなきゃいけません。
と、あたしの大好きなお金情報にはどこにだって書いてある。

それが、ねえ。
遊興交際なんか月に4000円代から6万円代までバラバラ。
食費も5万円代から9万近くなる月もあり。
クリスマスシーズンがやばいかな。ワインのまとめ買いしたりさ。


でもね。
これぐらいの幅で収まるんだったら、動じるような貯金額では困ると思うの。

今までどおり、いや、老後はもっと、何も考えずに買い物も外食も楽しむような生活がしたいなあ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました